ロストラッドロンドン(Lost Lad London/完結)|超おしゃれミステリ漫画(シマシンヤ)

ロストラッドロンドン(Lost Lad London/完結)|超おしゃれミステリ漫画(シマシンヤ)

本・マンガのお得情報
小説やマンガをお得読みたいならBOOK☆WALKER「読み放題」サービスがおすすめです!
「ゆるキャン」など有名な作品が読み放題に入ってるので結構お得です。(角川の本が対象です)

「ロスト・ラッド・ロンドン」(シマ・シンヤ)とは

「ロスト・ラッド・ロンドン」(Lost Lad London)は著者シマ・シンヤが描いた、超絶おしゃれなミステリー漫画です。

コマ割りがめちゃくちゃ映画でかっこいいのが特徴です!オノ・ナツメさんの漫画が好きな人にはおすすめ。
イラストも海外のマンガっぽいのですが、セリフが少なくてキャラクターの表情で表現されています。

今回は「ロスト・ラッド・ロンドン」についてご紹介していきます。




「ロスト・ラッド・ロンドン」の全3巻リスト(完結済み)

このシリーズはもちろん、順番に読んでください!
映画みたいにオシャレなコマ割りで、海外ドラマが好きな方はぜひご覧ください。

→まとめ買いはこちらから

No, タイトル 出版年 あらすじ
1 ロスト・ラッド・ロンドン1 2021 あらすじ
2 ロスト・ラッド・ロンドン2 2021 あらすじ
3 ロスト・ラッド・ロンドン3 2021 あらすじ

「ロスト・ラッド・ロンドン」の試し読みできるサイト

「ロスト・ラッド・ロンドン」の試し読みは以下で読めます。
海外ドラマやオシャレな漫画が好きな方には、ぜひおすすめです。

→アマゾンの試し読み
→DMMブックスの試し読み
→ebookjapanの試し読み




「ロスト・ラッド・ロンドン」の登場人物

アル・アドリー:170cmアジア人の大学生。いつの間にか上着のポケットに血濡れたナイフが入っていた

エリス警部:刑事。とある事件で片足を怪我している。

ユキ:刑事。エリスの上司

キング氏:ロンドン市長。地下鉄の中で何者かに殺害された

カラム:アルの友達




「ロスト・ラッド・ロンドン」各巻のあらすじ

「ロスト・ラッド・ロンドン」1巻 あらすじ

ある時、ロンドン市長が地下鉄で殺害される事件が起こり、その事件がきっかけで刑事と主人公の学生がタッグを組み、事件の真相を追うミステリーです。

主人公のアルは帰宅した後、ジャケットのポケットに血濡れたナイフを発見しました。
しかも、数時間前に乗っていた電車の中では、ロンドン市長の遺体が発見されていました。

一体だれがアルのポケットにナイフを忍び込ませたのでしょうか?

あらすじ
「人生なんて、たったひとつの出来事で変わっちまうもんだ」

ロンドン市長が地下鉄で何者かに殺害された。
偶然同じ電車に乗り合わせた、平凡な大学生のアル。
殺人事件の捜査にあたった、ワケあり刑事のエリス。
事件がふたりを引き寄せ、そして数奇な運命が廻り始めるーー。

ロンドン市長殺害事件を巡る、新感覚クライム・サスペンス、開幕。

「手を貸せ。真犯人を見つけるんだよ」

「ロスト・ラッド・ロンドン」2巻 あらすじ

とある理由から自宅に帰れないアルは、刑事のエリスの家に身を寄せることになりました。

実はアルはアジア人なので、血濡れたナイフが見つけたら一発で容疑者にされます。
アジア人差別が未だ根付いてるのは、現実世界と一緒でリアリティがあってとても面白いです。

いまだ事件の犯人が見つからないのですが、だんだんとアルと関係のある人物が犯人ということがわかってきて・・・

あらすじ
「俺が死んだら、それでも捜査をしてくれますか」

事件の真相の鍵は、秘められた市長のルーツにあった。
真犯人の情報操作によって、第一容疑者となったアル。
アルとの関係を悟られぬよう、秘密裏に捜査を続けるエリス。
ロンドン市長殺害事件は、未だ終わらないーー。

容疑者×刑事が真実を希求する、新感覚クライム・サスペンス、1・2巻同時発売!!

「“助けてやる”じゃなくて、“ふたりでやろう”って言ったでしょ」

「ロスト・ラッド・ロンドン」3巻 あらすじ

ついに最終巻です!
アルの本当の母親と父親の正体が発覚され、事件に関係することがわかってきます。

最後まで全く展開が読めず、最後の最後でハラハラする展開が待ち受けているので、絶対読まなきゃ損です!

あらすじ
「こうなるとわかっていたから、俺を助けたんですか?」

ロンドン市長殺害事件の第一容疑者として好奇の目に晒されるアル。
過去の事件と重ね合わせ、真実を求め彷徨う刑事・エリス。
……背後に迫る真犯人の魔手に、ふたりはまだ気づいていない。

発売即重版を記録した新感覚クライム・サスペンス、最終第3巻。

「選ばせてあげる。ここで飛び降りて死ぬか、殺人犯として捕まるか」